愛のメロディを奏でよう

私は「生=音」
と認識しています
 
それは誰しもが生まれた瞬間から「おぎゃー」と音を発し
そして、死ぬまで音をだし続けます
 
音とは一概に声の事だけではありません
声として発しない音もあります
 
それが、心臓の鼓動
 
例えば、好きな人を前にすると鼓動が高鳴ります
そして、気持ちを隠そうと冷静に装ったとしても、
心臓は正直に鼓動を鳴らします
 
 
どんなに自分を偽ったとしても
正直に、まっすぐに本当の自分の気持ちを奏でてくれます
 
 
心臓の鼓動を重ねるという事は、
一音一音、自分の歴史を刻んでいるのと同じです
 
どんなにつまずいても、どんなに足が止まっても
鼓動は止みません
 
 
だからこそ、偽りのない鼓動を重ねていけるように
そして、たとえ嘘の鼓動が鳴ったとしても
それ自体が、自分の歴史そのものになります
 
そこには、良い悪いもありません
ただ、鼓動が鳴り続けるだけ
 
 
振り返れば、鼓動のリズムは心電図のように
様々な模様を刻むでしょう
 
十人十色、その模様は一つのアートとして
成り立ちます
 
どんな音がなったとしても、そこにはあなたにしか創り出せない
歴史があります
 
心臓はいつだって嘘のない
愛のメロディを奏でていますよ
 
どうせ鳴らすなら、本音を鳴らしませんか?
自分の鼓動に正直に生きてみませんか?