11月 歌占カードのメッセージ

https://www.instagram.com/p/BpnzjiQFiI-/

 

<神様からのメッセージ>

ヤマタノオロチ退治で有名な素戔嗚尊(スサノオノミコト)が新妻の奇稲田姫(クシイナダヒメ)のために新居を作ろうとした時、その地に雲が幾重にもわきあがるのをみて詠んだと伝わる歌です。素戔嗚尊が新生活に胸を膨らませて最愛の新妻を守るとこを宣言したように、この歌は未来への期待と責任、エネルギーのあふれる状態を示しています。その未来は、一人ではなく、家族やパートナーとともに作り上げるもの。相手を大切にし、よく話し合いながら進めれば、かけがえのない居場所ができるでしょう。この歌は五七五七七の五句三十一文字で詠まれた最古の和歌と伝えられ、日本の和歌のはじまりとして重んじられてきました。この歌を引いたあなたには、新しい伝統を創造する力があります。自分の志を外に宣言することで、独自の世界が創られていくでしょう

 

<テーマ>

大切な人を守る。責任感を持ってのぞむ。新生活をスタートさせる家族やパートナーとの絆を大事にする。自分の思いを宣言する

 

<幸運の鍵>

素戔嗚神社、八重垣神社、八阪神社など、素戔嗚尊と奇稲田姫を祀る神社を参拝する。雲の写真を飾る <アイテム>水晶。ダイヤモンド。ネロリの精油キーホルダー

 

<全体運>

新しい物事がはじまるとき。責任感が強まる。着手したことが継続する。誰かを守る。前向きなエネルギーがわき上がる。 <恋愛運>結婚や同棲などで新生活が始まる。プロポーズ。頼もしい人・守りたい人と出会う。相手が安心できる居場所をつくる

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カードのメッセージは木星さそり座から木星射手座へ移るなど星の動きともリンクした、はじまりのカードが出ました。

たまたま11月はじまりだし、リーディングしてみようと思い立ち、カードをきって並べ、たまたまそこにいた旦那に1枚引いてもらったのも何かメッセージのような気がします

 

はじまりのメッセージと同時に、カードのイラストも新しい扉が開いたのかなというイメージを受けます

あちらとこちらのゲートが開いたともとれるし、新しい時代のはじまりともとれるしただ、扉へ続くまでの道のりがたくさんの雲で覆われているのをみると、その扉へ辿り着くまでにはすこし勇気がいるのかな

 

雲の中って真っ白な霧なんです

 

自分がどこに立っているのか、何を目指しているのか周りが何も見えず不安になる

その時にどれだけ信頼できる仲間やパートナーが周りにいてくれるでしょうか

そして、霧の中を抜け切る勇気がどれだけ自分にあるでしょうか?

そんな勇気と決断を新たに決める1ヶ月になりそうです

 

#歌占カード #リーディング #11月 #木星 #蠍座 が #射手座 へ#2018 も #あと #2ヶ月