今年の抱負と子どもを授かることと

「お祭りって聞くと真っ先に何を思い浮かべますか?」

f:id:oneself-artist:20190108110956p:plain

 

屋台のソースの匂い?

お囃子?

色とりどりの提灯?

りんご飴?

お祭り独特の雰囲気??

 

今、ぱっと思い浮かべたものがあなたが五感のなかで一番大切にしたい感覚です

 

屋台のソースの匂い⇒嗅覚

お囃子⇒聴覚

色とりどりの提灯⇒視角

りんご飴⇒味覚

お祭り独特の雰囲気⇒触覚

 

 

私は、お祭りが始まるような非日常に皆がワクワクそわそわしているあの独特の雰囲気が真っ先に思い浮かびました

 

 

私は触覚をとても大切にしています

仕事でもそうですが、お客様に使っているタオル1枚をとっても慣れ親しんだものを使わないと、指先で触れた感覚が狂うのでいつものパフォーマンスが発揮できません

  

触覚とは触れて感じるものだけでなく、空気のちょっとした変化も俊敏に感じ取っていると思います

だから、他者がまとう空気の変化にも敏感だし、音の耳触りも大切なので同じ音楽を聴いていても自分の体調次第で「うぇ」っとなってしまうこともあります 笑

 

 

高品質のものをただ使えばいいのではなく、いかに自分が「心地よい」と感じるもので満たせるのかが大切だと思っています

 

f:id:oneself-artist:20190108113201j:plain


 

2018年を少し振り返ると

東京の施術場所が六本木に移ったり

精油のイベントではじめましての方にたくさん合えたり

高野山で過去の自分を清算したり

占星術の基礎を学んだりしてました

 

一番大きいのは、今までのメニューを全て一層して「トリニティーチューニング」一本に絞ったこと

金額も今までとは比べ物にならないくらい上げましたが

それでもたくさんのご新規の方に恵まれ、そして人の本質というものにたくさん触れられた時間を過ごせました

 

 

2019年は占星術的にいうと

私の生まれた太陽の位置に冥王星が重なります(2021年くらいまで影響はするかな)

太陽は自分の本質や存在を追及したい星

そこに、死と再生を促す冥王星が重なるということは

自分の中で築き上げてきた常識が全てひっくり返されるような経験をするということ

 

人生経験の中で挫折は何度か味わいましたが、またあれがくるのかと思うと震えます笑

(鬱になったり、入院したり、住んでる家がなくなったりねw)

 

太陽に冥王星が重なるときは、お子を授かることもあると聞きますので今回の場合はこれかな?と思っています

 

東京のお客様へはすでに伝えていますが、そろそろ妊活に励もうかと思っているので東京への出張は3月を持って一旦終了となります

今までは仕事第一優先、収入優先で動いていたので、家庭があっても主婦であっても、旦那に理解をしてもらい仕事をさせてもらっていました

 

今までも、子供はほしいけど、タイミングに任せようとも思っていました

でもいざ子供が出来たら「仕事できなくなる」とか「収入無くなる」とか「旦那だけのお給料でやっていけるのか」とか。子供が産まれたら最低1年は動けない

ましてや東京へ行くとなると「えっ何年先になるのだろう・・・」という不安

その間、つくってきた信頼や任せてくださったお客様はどうしたらいいのだろうという出口の見えない悩みをぐるぐる抱えていました

 

冒頭で触れたとおり、私は触覚を大切にしているので、遠隔でエネルギー療法とか出来たとしても全くワクワクしない

これでは続かないし、やりたくないのだから相手に対して失礼でしかない

だけど、サポートはしたい

ここについてはまだ明確な答えが出てないのですが、もう直接お客様に聞こうと思っています

施術が出来ないなら特にやってほしいことは無いって言われるかもしれないし、

もしかしたらこういうのをつくってほしいっていわれるかもしれない

そうしたら、その人のためにメニューをつくってご提供しようと思います

 

 

そう思えるようになったら「あっ子供ほしい」ってなりました笑

 

もともと子供がほしい明確な基準が私にはありません

普通なら「愛する人との子供がほしい」とか思うのかもしれないけど、はっきりいってそういう感情は私にはないです

というか、今現在子供がいなくても幸せなので、どっちでもいい

あとは、妊婦さん談をネットで見たりしてもあんまり幸せそうな人がいなかったんです

どっちかというと「辛い」のほうが多かった

つわりとか、周りの目とか、妊婦マークについて叩かれてたりとか

国の政策についても、子ども増やせとはいうくせに体制整ってないし、子育て費用とか考えると「うーん・・」ってなってた

 

 

それが、2018年に出会った妊婦さんやお母さんになりたての人に凄く幸せそうな人が多かったんです

もちろん、つわりとか行動が制限されるとかはあると思うけど、それ以上に幸せオーラが凄かった

 

その一人に、【CRAZY WEDDING<クレイジーウェディング>】の山川咲さんとの出逢いがとても大きかったです

www.crazy.co.jp

www.crazywedding.jp

 

咲さんとお話している中で「子育てって辛いときもあるけど、総じて全てが幸せなの。妊娠していたときが人生で一番幸せな時間を過ごせた」って

 

その言葉を聞いて「マジか!!!!!!!!Σ(゚□゚(゚□゚*)ってびっくり

「そんな幸せなの?えっ、あの咲さんが?たくさんのウエディングをプロデュースしてきて数多くの感動をつくってきたあの咲さんがそんなこと言うの??」

 

それで、子供をつくるということが自分の中でとても肯定的に捉えられました

単純なんだけど、きっかけって本当に些細なものなんだと思います

 

あとは私が結構ひねくれているので、結婚して出産して子育てして・・・っていういわゆる人生プロセスのベルトコンベアーに何にも考えずにのりたくなかった

 

自分から何か動くのならちゃんと理由がほしかったんです

それも、愛する人との子供みたいに誰もが考えるような幸せプロセスではなくて

(そう思うことが悪いことではなく、私がそう考えられないだけ)

 

妊娠と出産って当たり前のように世間では捉えられていると思うけど、その中にある女性の感情とか葛藤ってものすごい大きいと思っていて

 

今までバリバリ仕事をこなしていた人が、妊娠と出産を経験することによって今までのキャリアを手放さなければいけなくなる

特に今の時代は女性も男性と同じように働いて、キャリアを積んで、稼いでいる人がたくさんいる

だけど、出産できる時期も限られているし、どちらかを一旦は諦めなくてはいけない

 

私は自分の人生を左右する決断を単なる当たり前とかしょうがないとかで決めたくなかったんです

それが咲さんの一言で180°変わりました

 

 

あとはいつもお世話になっている海部舞さん

 

profile.ameba.jp

https://www.amazon.co.jp/星を使えば、運命のパートナーに必ず出会える-海部-舞/dp/4797396040

f:id:oneself-artist:20190108112519j:plain

舞さんも今妊娠中なのだけど、舞さんが妊娠する前から身体を預けていただいているので、舞さんの身体に新しい魂が宿って今成長している過程を全てリアルタイムで見させてもらっています

こんな経験本当に出来ないと思う

信じられないことかもしれないけれど、舞さんの妊娠発覚2ヶ月前?くらいから、なんか舞さんの身体の中にもう一つの人格がある感覚があった

イメージとして、舞さんの身体が着ぐるみで中に人がいるみたいな感覚

このことは舞さんにも伝えたけど、本当になんともいえない不思議な感覚が身体からよみとれた

 

それからしばらくして、妊娠したよー!!報告を受けて

舞さんと一緒の感覚になって、ベビちゃんが育っていく過程を本当に間近で体験させてもらっています

 

舞さん自身も妊娠してからどんどんと優しい雰囲気がアップしてて、妊娠前から幸せオーラは出てたけど、幸せの種類がぜんぜん違うんだよね

わたしが勝手に思っているだけなんだけど笑

 

 

そういう過程を経て、今は子どもほしいなと思うようになりました

それと、やっぱり旦那の子どもを見てみたいという好奇心もあるwww

どんな子がでてくるのか、どんな性格になるのか、この子がどんな考えを持ち、どんな人生を歩んでいくのか

それを見たい。今考えただけでも幸せすぎて泣ける

 

まだ、ぜんぜんいないけど笑

 

そんなこんなで、2019年は子づくりがんばります 笑

f:id:oneself-artist:20190108112837j:plain

 

 

お子の話がメインになったので、冒頭に上げた肌触りのいいものに戻ると(笑)

・自分が身につけるものや使うものを、丁寧に選んで納得のいくものを購入したい

・人とのお付き合いも違和感ない人たちと付き合っていけるように見極めたい

 (去年より、より狭く深くお付き合いできる人たちを増やしたい)

・住居の居心地の良さをもっと追求したい

  

今年は自分の質を高めていくためにも、追及・探求が多くなってくると思います

派手さは無くなるけど、密度濃い日々を過ごせるように、もうちょっと自分が考えていること、伝えたいことを発信できればいいな

 

 

もう2019年が始まり1週間たちましたが、今年も宜しくお願い致します(笑)