身体の出会いは突然に・・会って二日で施術しました

出会ったその日に翌日のお茶を誘われて
そのままカラオケボックスで体を施術しました…笑
 

出会いのきっかけは友人に誘われた交流会

f:id:oneself-artist:20161204222849j:plain

 
彼女の印象はとても人当たりが良くて
笑顔がとても優しい菩薩さまのような方でした
今はアロマとアロマを使った様々なコスメ作りに
はまっていて後々アロマセラピストになるみたい
 
そんな話を聞いていて、何てぴったりなんだろうと思った
 
 
だけど、なんか私の闇センサーがぴぴっと反応するんですww
 
なんか、ほっとけなくて
なにかあるんだろうなって感じてて
飲みの席でも、翌日のお茶の席でも
たくさん話しました
 
そこから『もし時間があるなら体みましょうか?』
という話になり、手っ取り早くカラオケボックスへ…笑
 
 
で、実際触れてみてわかったのは
心と体の意識が完全に分離してしまっているということ
 
 
体がどれだけ悲鳴をあげても
心がそれをキャッチしなければ
体系がどんどん崩れていきます
 
彼女の場合はそれが全身のむくみとして出ていた
  

ぽっちゃりさんとむくんでいる人の違いは肉質が柔らかいか堅いか

f:id:oneself-artist:20161204223138j:plain

 
ふくよかな方の体は
ふにふに、ぽちゃぽちゃしてて
気持ちいいんですよ笑
 
逆に、むくんでいる方の体は
パツパツに張ってて、パリッと割れて
あんこが出てきそうな感じ笑
 
圧してるだけでも痛そうだなぁってわかる
 
彼女は完全に後者
 
むくむ原因は様々ですが、
栄養面だと「水分不足、ミネラル不足」
精神面だと「自身喪失、自己否定」
どちらも当てはまる場合「血流不足」「寝不足」
そして「呼吸が浅い
 
これが原因のことが多いです
 
彼女の場合も
うつ状態を引き起こしていたため
薬による「血液冷え」と「水分不足」
そして、「自己否定」「自身喪失」
これが当てはまっていました
 
 
もともと、とても仕事ができる方で
以前は家事も仕事も私が真似できないほど
完璧にこなしていたみたい
 
ある日を境にそれができなくなっていまい
自身喪失を引き起こし、何をやっても
「私はだめだ、どうしてこんなこともできないんだろう」と常に自分を責めてました
 
 
『できてることは?』ときいたら
「できてるうちに入らないから」って
 
かなりの頑張り屋さんでしょ
 
常に自分の中での目標設定が高く
出来ていた頃の自分を知っているから
今そこに届いていない自分は怠惰だと
落ち込んでしまう
 

彼女が比べている対象は「昔の自分」

f:id:oneself-artist:20161204223635j:plain

 
会話をしていても、常に
「私ダメだなー」「こんなこともできないんだ。。」
って口癖のように言ってた
その時に「昔の自分に戻りたい」って言ってたけど
どうしてもその言葉が本心だとは
思えなかったんです
会話してる時に「戻りたい」という彼女は
常に下を向く癖があった
 
だから、私自身のことや
好きなアロマのことを話したり
全身をほぐしていくうちに
「あの頃はこなすことに必死で楽しくなかった」
とぽつりと彼女の口から漏れた
 
それが、本音だったと思う
 
今は何にも言わなくても
家事を手伝ってくれる旦那様がいて
なんでも相談できる仕事の上司がいて
無理やりにでも行動にストップがかからなかったら
一生わからずに終わっていた感情かもしれない
 
昔の彼女を私は知らないし
ましてや出会って2日間の彼女しか知らない笑
 
 
私は夢を語る今の彼女が好きです
笑顔が可愛いし、全て包み込んでくれるパワーがある
 
もし、まだ昔の自分に戻りたいと思うのなら
あの頃と比べて「できない」と嘆くよりも
あの頃の自分に近づくための
一歩を探したほうが、きっと楽しいと思う
 
 
施術が終わっての変化を聞いたら
とてつもなく眠かったのと
なぜか帰りに涙が出たんですって
 
『辛い?』って聞いたら
「すっきりした」って言ってくれました
 
少しの時間しか心と体に触れてはいないけれど
彼女にとってのリセットの時間になってくれたら
嬉しいな
 
◆関連記事