マヤ暦ってそもそもなに??

今から約4600年前、中央アメリカ南部で誕生し
それから数千年に渡って栄えた「マヤ文明
 
そして、ヨーロッパ人がアメリカ大陸を
発見する前にこつ然と姿を消した謎多き文明として有名です
 
そして、数字の0という概念を見つけてたのも彼ら
 
そのマヤ人たちが使っていたカレンダーが
大体17〜19種類あると言われています
 
その中でマヤの神官(神に仕え、神事を執り行う人)だけが使っていたとされるのが
ツオルキン歴といわれるカレンダーです
 
 
ツオルキン暦は13の銀河の音と
日々を司る20の神様(太陽の紋章)の組み合わせにより
13×20=260日にそれぞれ違うエネルギーが宿り
万物はそのエネルギーを受けて
存在しているという考え方です
 
なので、生まれた日のエネルギーが
どんなエネルギーかを紐解いていくと
その人の本質が分かってくるという仕組みなんです
 
さらに、マヤ暦は
どの日にも共通している価値観があります
 
それが  
・問い続けること
・答えはひとつではないこと
・直感に従うこと
 
 
自分の行動や考えが片寄っていないか
本当に望む場所へ向かう最善の方法はなんだろうか
その声に従い行動する。そして委ねる
 
余計な心配をせず、今できる事を精一杯やりましょう
そして、心の準備をしましょう
 
そうすることによって、きちんと進むべき道に誘導されて
本来の使命を果たせますよ
 
ということなのです
 
 
私にとっての「マヤ暦」とは
自分を成長させてくれる問いをくれるものであり
他者との関係性を深めてくれる
とてもありがたい道具(ツール)の一つです
 
 
マヤ暦でできる事は
1、自分の本質や感性、思考パターンなどが分かる
2、家族や他人の本質・感性・思考パターンがわかる
3、他者とのスムーズな関係性が築ける
5、人生のリズムが分かる
6、ベストなタイミングがわかる
8、強い組織作りに役立つ
9、毎日のエネルギーが分かる
10、日々の過ごし方のコツが分かる
 
などなど  
 
これだけの事を知っていると、生活ががらりと変わってくると思いませんか
人間関係に悩みがある人は、
コミュニケーションに行かせると思いませんか
決断の時期があるなら、
最善の日を選びたいですよね??
 
あらかじめ、宇宙のリズムが分かるなら
そのリズムに乗ってしまえば良いと思いませんか?
 
マヤ暦のアドバイスは吉凶がありません
 ただ、そうあるべくして起きている
そこに、どんな意味づけをするかは自由に決められるのです
 
いつでも、どこでも、あなたの味方なのです