自分が提供するサービス金額の設定って迷いませんか?〜私流金額設定のやり方〜

6月から東京の施術金額を

60分 3,500円から60分5,000円に上げました
(長野の人は変わらず60分3,000円ですよ!)

 

私にとって「値上げをする」ということ自体、実はすごくハードルが高かったです

それでも値上げに踏みきった理由が実はあって・・・


受けてくださる方から「あげたほうがいい」という声がすごく多かったんです

私自身、自分の施術を自分で体感できないので、上手いのか下手なのかなんて分からないし、他の人と比べようがないんです
だから上手いといわれても、正直いって何が上手いのかもわかりません

 

ただ、唯一自負していることといえば、普通に施術をしている人よりも
めちゃくちゃその人の全てをイメージしながら施術してます

 

受けに来てくれる人がSNSをやっていたら端から端まで全部チェックするし、
投稿写真を見ながら体のどこに負担がかかっているのかめっちゃ研究するし、
投稿文書を読んでどんな言葉の使い方をするのか、出張の多さ、私生活のパターン、行動のクセ、思考のクセなど、それら全てを考えながら施術をしています

 

だから、受けに来てくれた日には、今の体の状態がどんな感じかなんとなくわかりますし、体に触れればその人の生活のイメージが浮かんできます

施術中に
「最近朝の光や風を部屋に取り入れていないですよね?」
とか
「インナーの色でベージュだけはやめましょう 笑」とか
全く施術と関係なくない!?ってことも、ちょっと失礼だよなーってこともどんどん言います

 

私のところに来てくれているということは、私の全てをまるっと信頼してくれているんだろうと思っています。なので、私もその人のすべてを信頼しています。

だから、そうやって信頼して信用してくれている人たちがそろって「金額上げな」って言ってくれたので、その信頼にこたえようと金額を上げる決断をしました


実は、金額上げるまで3ヶ月くらい渋ってたんですよ 苦笑

お店で働いていたときよりは確実に収入は上がっているし、そんなに不憫でもなかったし、なにより、私自身が施術楽しいし 笑

 

だけど、なにせ実績も実力も桁違いに高い皆さんにこぞって「あげろ」って言われるし
めちゃくちゃありがたい助言やアドバイスもいっぱいもらってるのに、そこにいちいち抗ってる私って何か違うんじゃないか?って思ったんです

 

なんか、自分失礼なことしてないかな?って

 

きっと皆さんのご経験上、むやみやたらに金額について助言ってしないと思うんですよね

なので、これは「きっと神々のお告げだ」と思って値上げに踏み切りました 笑

 

 

 

そして、実はもう一つ理由があって・・

ただほぐしてほしい人と自分の体を理解したいという人の感覚の違いが
はっきりとわかるようになったんです


私が施術をする理由はもっと自分の体に責任を持ってほしいからです


もっと自分のことに興味を持ってほしい
何で今の状態になっているのか、どうして心がすっきりしないのか
それを知りたいと、理解したいと思ってほしい

 

知りたい、理解したいということは自分を愛するということです

 

自分を愛するということは、心と体の向かう先がイコールでないと意味がないんです
だから、心と体が向かう先を一緒にするために、私の力を使ってほしい

 

私の施術を受ける人たちは、自分の深い部分をよく話してくれます
他愛もない話から、どんどん確信の話へ
きっと他の誰かに言いにくいことも多いんだと思います

それをぽつりポツリと吐き出していくうちに、心と体が緩んでくるのが伝わってくる
そうやって吐き出すことによって、フラットな自分へと還っていく

そんな場面を何度も見てきた

 

だからこそ、ただほぐしてほしい人は、別に私のところに来なくていいと思っています。
そういう人は、触っててもわかるし、私の言葉に耳を傾けようとはしないし、自分の体のことを理解しようともしない
『だから体がつらいんだ』ってわかろうともしない

 

そういう人の体って触ってても本当につまらないんです
どんなにこちらから問いかけても、無表情
むしろかまうなとスルーしてくる
だから、ただほぐしたいのなら60分2980円のお店へ行って下さい
その人に当てた時間をもっと必要としている人へ使いたい

だから金額を上げたんです
(60分5000円だって安いと思いますよ)

 

 

値上げてからもいろいろ葛藤がありました 笑

ここまであげよう!って決心しても、

あいつ調子に乗ってない?って思われるんじゃないか

金額あげた途端、来なくなるんじゃないか

不安要素が出てくる出てくるww

 

どんなにキレイごと言ったってやっぱり「私を信じてくれている人達のことを信じたい自分を信じていなかった」んでしょうね 苦笑

 

それでも、勇気をだして値上げの通知を出して・・

そうしたら、普通にみなさん予約をしてくださって

しかも、「ここの金額って間違っていませんか?」ってわざわざ教えてくださった方も何人もいて(間違えるなって話ですが・・)

教えてもらわなければ、安いままだったので「なんて親切なんだろう・・」と本当に嬉しかったです

 

それに金額をあげたことによって、メニュー表をもっと美しくしないととか、どんな内容にしたら満足のいく施術を提供できるのか、もっともっと気遣いを大切に思える自分もいました 

 

【改訂前のメニュー表】 

f:id:oneself-artist:20170617163015j:plain

【改訂後のメニュー表】   

f:id:oneself-artist:20170617162812j:plain

 

ていうか、改訂前が雑すぎる・・

 

提供メニューの値上げって、結構悩む人って多いと思うんですけど、自分であげなきゃって思うよりもサービスを受けてくれるお客様の反応とかで、周りが教えてくれることの方圧倒的に多いと思うんです。それに私の場合はもっとより良いものを渡していくにはどうしたらいいのかを改めて考えるきっかけにもなったので、今では値上げをしてよかったなと思っています

 

 

特に私のように、サービスが形として見えないものって正しい金額がないから、誰かのサービス金額とかを目安にして、妥当な金額を設定しがちだと思うんです。

それでも、やっていくうちに「ここまでやりきってこの金額はしんどいな」とか出てくると思うので、とにかく周りに打ち出してみるって大切かもしれません

 

あとは、自分の心にウソをつかない金額を設定するのが一番大事だと思います

 

私の判断基準は「常にリピートし続けられて、なおかつこの金額のサービスが世の中にあるのなら自分は絶対に払う!!」と胸をはって言える金額かどうかでした

これは、自分が掲げているポリシーもあるかと思うので、一概にこれが正しいとは言えませんが、あくまでも私の場合です。

 

 

いろんな人のやり方があってそれぞれの言い分ってたくさんあると思うけど、一番大切なのはその分野でお金をいただく以上、誰よりも自分がプロフェッショナルとして誇りをもっていることと、提供するサービスの先にあるその人の未来を輝かしいものにしたいという情熱だと思うんです

 

それがあれば絶対にぶれないし、きっと提供している自分が一番輝いていけるんじゃないかな?とそんな気がしています

 

 

※現在ご提供しているメニューの一覧

f:id:oneself-artist:20170617162812j:plain

毎月第1、第3日月と東京出張をしています

詳しくはフェイスブックをご覧下さい