どんな人生でも、そこには大丈夫しかない

「人の生き様が見えてしまうのって辛くないの?」
って聞かれたことがある


一時、人の感情がわかりすぎて
自分を押し殺し過ぎて、過呼吸止まらないし

どーしようもなかった時がある
 
そのときは、相手の感情をよんでそれ通りに

動いてあげることが優しさだと思っていた
 

だけど、自分がダメになりそうになって初めて

ただ相手に甘えてるだけなんだなって気づいた
相手に人生委ねておけば、いざというとき

その人に責任を押し付けることができる

 

昔からかなりのポーカーフェイスだったから

面と向かって不満をいうことなんて絶対なかったけれど、相当腹黒かったのは否めない
 
 
だけど、自分のなかで偽善の優しさに気づいたとき

私はなんて傲慢だったんだろうって心底自分に絶望した
 
 
そのときに出会ったのがマヤ暦なんですよね
 
 
始めたきっかけも、ほんとに些細なことで

信頼のおける知人が習っているというのに興味をもち

一緒にやらせてもらえないかとお願いをしたのが始まりだった
 
 
自分の生年月日から
KINといわれるものを読み解いていく
 
それは占いとは全く違う感覚にとても興奮したのを覚えている

 

それから、貪るように沢山の人のことを読み解いていった


最初は無料で
その次は500円で30分とか

マヤ暦を習得して3年で、500名以上の鑑定をさせていただいた
 
 
始めた当初は、当たる!って言われることが楽しくて嬉しくて、人の役に立つことが生き甲斐だと信じて止まなかったけど
次第に、マヤ暦がみれるからっていう理由で

時間帯や金額とか全くお構いなしに相談されることが多くなって、次第にしんどくなってきた

長いときで朝の4時までLINEやりとりをしていたこともある

しかも、相談される内容は
正直、今の現状を変えたくないだけだよね?っていうことばかり
ただ、そこで悩んでる私を甘やかしてーっていう感じ
 
 
その事に気づいたときに、改めて

私がマヤ暦をやる理由と金額設定の大切さに気がついた

やっと、趣味から本気に移り変わってきた感じかな
 
 
最初やっていたやり方だと、とにかく依存者をつくってしまうのがしんどかった

私の人生わかってるよね?
だから何とかしてください

みたいなの

人にあわせて、精神的にいっぱいいっぱいになるまで気づかなかったあの時となんにも変わってなかったことにまた絶望して 笑
 
 
それでやっと「依存者をつくる私に問題があるのか?」という疑問にたどり着いたんですよね笑

考えてみれば、すべての人を救いたいだなんて、私には無理 笑

そんな渾身的な愛はないっ!
 
 
だからこそ、誰の力になりたいかって考えたんです

そしたら、逆に自分の人生本気で生きたい人の

サポートをしてあげたいと思うようになった

人生他人に丸投げして悩んでいる人より

自分の力でなんとか現状を変えたい

だけど、どーしていいのかわからない。。


その生き様の人により惹かれるようになった
 
 
そして、本気で生きたいと思う人は
本当に不器用な人が多い
 
そして、責任は全部自分っていう
覚悟も決めてるから、どうにかして
自分の人生を切り開きたいともがいている
 
 
そんな人のために、私の力を使いたいと
強く願うようになった
 
 
私も同じだから
自分にはもっとできるはずって思うのに
現実と理想のギャップが埋められなくて
とにかくもがいていたから

だけど、相手の感情がよめるから
つい助けてあげたくなって
それで、自分辛い!!みたいな

不器用なんです 笑
しかも、頼られることが嬉しくて、聞き役にまわるうちに、私の悩みとか言えなくなった

頼りにならないねってがっかりされるのが怖かった
 
 
でも、マヤ暦をやるうちに
そんな自分が愛しくなってきちゃったんですよね笑

自分で辛い選択肢してるのに
それでいっぱいいっぱいって
バカだなー。いとおしいなーって笑
 
 
マヤ暦をやると
その人の生き様や個性がはっきりとでます
 
その人生をこの人はどうやって歩いていくんだろうという興味が沸いてくる
そこに記される歴史は
なんの間違いもない、完璧なものだから

美しいなとも思います
 
だから逆に元気をもらえるんです

本人はつらいかもしれないけれど
そこに現れているものをみると
なんだ、大丈夫だよ
ってそう思えてくる


そうすると、あっ私も大丈夫なんだ
って気づくことができる
 
その人の生き様に励まされる
だから、また人を好きになる
この人の生きる力を信じたい
そう思えてくる
 
 
 
すべての人が自分の人生において
唯一無二のアーティストなんですよね

この世の全てはただ在るだけです

そこに、どんな感情をもってくるのか
それが個性だと思う
 
 
いろんな人の人生を共有するたびに
それぞれが生きやすい、優しい世界になれるんだなって思うと泣きそうになる
 
 
ほんとに、そこには大丈夫しかない
 
 
だからいつも思う

あなたの優しい世界を私もみたい

 


f:id:oneself-artist:20160816115353j:image